東鳩ニッキ

ぬこかわいいよぬこ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

某イベントのスタッフをやってきました。

ん~・・・どこまで書いていいのだろう。
なんちゅーか、内部情報はかなり厳しく外に漏らさないようしてるぽいし。
とりあえず当たり障りのなさそうな部分のみ。


僕はエントランスプラザってところを担当してました。
西館に入る前の、逆三角形の下あたりにある広いスペース。
仕事内容は、主にそこに来た人の誘導とか、開場準備時間以降のその一帯の封鎖とか。
勤務(?)時間は朝の2時から昼の1時くらいまで。
その間に5時か6時から1時間の休憩があります。

と作業内容とか書いていこうと思ったけど、なんちゅーかグダグダになるので、とりあえず感想だけ。


それでも長いので開いた先へ↓

・「走らないでください」を半年分言った気がする。あくまでも半年分。

・有意義に英語がしゃべれたらなーと思った。一日に3~4組は外国人の方がみえるのです。
そして見事に日本語しゃべれない。

「ここからは並べないので、ゆりかもめの方に戻って、ビルを超えた先にある最後尾に並んでください」

と、これだけの英語がとっさに出ない。
誰か英訳よろしく。今後のために。

・ゴミを捨てるな。いや、戦場(会場内)へ持ってきたくないのはわかっちゃいるけど、捨てるな。
イスと傘はゴミです。
どんなけでも落ちてます。
あとは時々リュックサックとか落ちてる。一日に3個くらい。中身入り。

・ホテルが近くにあるって最高。
終わった後にすぐシャワーが浴びれるのは、一番よかった。
しかも安い。驚くほど。

・前日設営~最終日撤収まで見てると、このイベントに関わっている人がいかに多いかを思い知らされる。
もうね、実際に見てみるしかないよ、この規模は。
何千もの机とイスを誰が並べるのか、片付けるのか。
何千人もの行列を誰が並べて、さばいていくのか。
この狭い会場内に、一時何万人の人間が入っているのか。
一般参加していた時の印象と、スタッフ参加していた時の印象はまるで違った。
・・・どこからこれだけの人間がわき出してくるんだよ・・・・・・。

ちなみにりんかい線の始発一本3000人。
次の電車が来るまでの数分間の間にさばかなければいけません。
始発だけでも壮大だー。


・飲み物をよく飲んだ。1日に5Lくらい。
それでもトイレに行きたくならない不思議。
全部汗で流れてるんだろうなー。
支給された「熱中症ドリンク」と「熱中症飴」の味は最悪でした。
前者は海水をプールの水で薄めた感じの味。後者は塩。岩塩。

・昼ぐらいに仕事は終わるんだけど、その後とても会場に入る気力はありません。
三日目だけはかろうじて行けたかな。列の解消も早かったし。

ちなみに今回は人出が異常でした。
例年よりもかなり増えてます。特に二日目。
「例大祭おかわり」の方々なのかなぁ・・・・・・。

・持ち物「検査」ではありません。持ち物「確認」です。
空気を読んでください。
空気を読んでくれないとてもお利口さんな方が多かったようです。
そんなに律儀に荷物をみせてくれな(ry

ちなみに特に大事にはならなかったようです。
・・・二日目の入場フリーの後だけはやばかったかな。
東方さんはやっぱりすごかった。

・みんなの協力で思ったよりも物が手に入った。
なんちゅーか、自分でまわるよりも買えたんじゃね?ってくらい。
みんなありがとう。冬コミでもがんばろう。




結局グダグダ書いたけど、こんな感じ。
冬もやるかは・・・反省会次第かな。

つか、スタッフをやること自体に抵抗はないんだけど、問題はその前にある集会。
なぜにイベント当日よりも前に、2回も3回も東京に行かにゃならんのか。
それがなければ間違いなく毎年やるのになー。


とりあえず、お疲れさん、自分。

昨日からまた、バイト漬けの日々です。
今週は週8。
来週は週7。
それが終われば今度は旅に出ます。
なんて多忙な夏休み。
今年は大学入ってから一番充実(?)してるかも。
スポンサーサイト

コメント

よくやれたね.
すごいなぁ.
あなたのおかげでコミケがもってます.
感謝です.

お疲れ。
来年の夏またやってくれ。
チケット入場はだいたい把握したから。
そして来年こそ人海戦術(ぉ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://riderg.blog40.fc2.com/tb.php/270-4ac1abf0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。